格安スマホの端末で、安い端末と高い端末の違いなど

格安スマホの端末で、安い端末と高い端末の違いなど

格安スマホっていいですよね。私は大手携帯電話会社のスマホを使っていたのですが、月額6000円以上の支払いにうんざりしていました。

友達がみんなスマホへ移行していたので自分も乗り換えてみたのですが、わかっていた事とはいえ月々の支払は重くのしかかってきました。これならガラケーでも良かったんじゃないか、そんな気もしてきました。

しかし、いざスマホを使ってみるともうガラケーには戻れません。皆さんよくお分かりだと思うので詳しくは書きませんが、一度高機能な物を使ってしまうとこれ以下の物は使いたくなくなってしまいます。

そんな時、私にピッタリなものが世の中を賑わせ始めていました。そう、MVNOと呼ばれる格安携帯電話会社です。これは自前で通信回線を持たず、ドコモやauなどの大手から回線を借りて運営しています。

つまり大手携帯会社と同等の回線網を持ちながらも料金は格安という、ある意味夢のようなサービスです。私はこれに飛びつきました。電話番号が変わるのは嫌だったのでMNPしようと思いました。

ここで問題となったのが、スマホの端末はどれにすればいいのかという事です。機種代込みで契約するとお得でしたのでそうしようと思い各会社のHPを眺めてみると、それぞれ取り扱っている端末が違いました。

当然高い機種が高性能なわけですが、大手と比べると料金を抑える為か安い端末が多いようでした。格安スマホに乗り換えるなら安くないと意味がないでしょ、という事で格安端末を取り扱っている会社にMNPしてみました。

私のスマホの使い方は極めて普通だと思っています。電話とメールとブラウジング、当然動画も見ますしカメラも使います。そんな私が高い端末から安い端末に乗り換えて使ってみた第一印象は、”全然問題ない”でした。

電池の持ちも大差ありませんでしたし、画面の解像度はスペック上では劣るのですが見た目にはほとんど違いがわかりませんでした。あえて言えば外観に高級感が足りないといったところでしょうか。

おそらくゲームなどの性能を要求されるアプリを使えば差が出るのだと思いますが、私の使い方では格安スマホで十分なのではないかと感じました。最新の端末は進歩してますね。

格安スマホについては、nttコムストアはどんな通販サイトというサイトを読まれれば、安い端末と高い端末の違いなどが説明されています。

そのようなスマホの情報を集めていると、月々の支払も三分の一以下になりましたし、今では愛着も湧いてこの格安スマホをとても気に入って毎日使っています。あと2年くらいは使えそうです。

ここまで読んでいて自分の使い方と同じだと思った方、格安スマホに乗り換えてみませんか。

SNSでもご購読できます。